医師の方

どんなお悩みでもご相談下さい!りゅうごヘルスケアがしっかりサポートさせて頂きます!

りゅうごヘルスケアは関西地域で数々の医院・施設の開業・開設の企画支援実績を持ち、また医療機器・消耗品を販売することで開業・開設されたお客様と末長いお付き合いをさせていただいております。
われわれは医療業界での知識があるからこそ、皆様のライセンスを大切に、社会貢献につなげたいと考えます!

このようなご希望をお持ちの方!是非りゅうごヘルスケアにご相談ください!

  • 技術力をアップさせたい 
  • 年収をアップさせたい
  • プライベートの時間を充実させたい
  • 非常勤で探したい
  • 勤務医を続けるか迷っている
  • リタイア後にゆっくり勤務したい

どのようなスタイルでも、社会は皆様のライセンスを必要としています!

医師不足について

昨今耳にする医師の不足については、絶対数の不足という問題と偏在の問題があると言われています。
医師の絶対数の不足に関しては、女性医師の割合はどんどん増えていますが、同時に結婚・出産等により家庭に入ってしまう女性医師も増えています。しかし、現実に市中病院にとって問題なのは偏在の問題でしょう。これも地域的な偏在(都市部では足りているが地方では足りない)や、科目間の偏在(リスクの大きい産科や小児科の医師のなり手が少ない)の問題があり、原因としては医師のキャリア形成の仕組み、および医局制度とその崩壊であり、いずれにしても国家レベルで対策を考えるべき問題です。

2004年の新医師臨床研修制度により、

  1. @ 大学病院(医局)では研修医や医員が減少し、関連病院への医師の派遣ができなくなった、特に地方の病院への派遣ができなくなった。
  2. A 都市部でも研修医を受け入れられない中小病院では、医局からの医師の派遣が期待できなくな り、中小病院自ら医師を集めなければならなくなった。
  3. B 研修医に人気のある一部の都市部の大病院は比較的低コストで医師を集めることができている。

といった現象がでてきています。

新臨床研修医制度が成立されてからは、医師と医局と市中病院の三者間の構図がくずれてしまいました。医局は所属する医師に対して人事権を行使することによって、地方の医療を維持するという社会的使命を果たしているという側面もあったわけです。医療政策や病院の経営上の問題のために、病院の医師数は常に不足気味であり、勤務医の業務は激務だと言ってよいでしょう。また研修医や大学院生の極端な低収入なども問題です。
今までは、医局が有していた人事権によって、強制的に維持されてきた医療の秩序が崩れ、個々の医師に選択権が生じた結果、地域的あるいは病院間の医師の偏在が生じた訳です。

株式会社りゅうごヘルスケア

ご連絡お待ちしております!!
TEL: 0743-70-0120
FAX: 0743-70-0121

お問い合わせはこちらから

  • 医師の方
  • 看護師・薬剤師の方

企画・支援事業